カナダのワーキングホリデー(ワーホリ)と留学のポータルサイト

ワーキングホリデー・留学まるかじりバナー
ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学まるかじり in カナダ
  ワーキングホリデー(ワーホリ)・留学 in カナダ > カナダ生活の準備 > カナダの銀行・口座の開設
カナダの銀行事情

■ カナダの銀行
カナダにはRoyal Bank of CanadaScotia BankTD Canada TrustBank of MontrealCIBC があり、5大銀行と呼ばれています。ちなみに上記のうち、Royal Bank of Canadaは日本でも口座の開設が可能です(・∀・)上記5つの銀行であれば、ワーキングホリデーや留学でカナダ滞在中にどの都市に引越しをしても問題ないでしょう。
Royal bank of Canada
<Royal Bank Of Canada>

カナダの大手銀行
カナダ全土にあるRoyal Bank of Canadaです。日本からの口座を開設することができます。Webサイトはコチラ
こちらもカナダ全土にあるScotiabankです。本社はカナダ・トロントですが、世界中に支店があります。Webサイトはコチラ
RBCと同じくカナダ全土にあるTD Canada Trustです。支店はRBC同様に多くあります。Webサイトはコチラ
カナダの銀行、Bank of Montrealです。RBC、TD Canada Trustほど支店は多くないです。Webサイトはコチラ
世界中に支店があるCIBCです。支店はあまり多くはありませんが、大都市なら困る事はないでしょう。Webサイトはコチラ

また、カナダの銀行のキャッシュカードではでは日本で言う「デビットカード」と同様の機能があり、銀行のカードを利用して買い物をする事ができます。これが慣れるとかなり便利です。使い方はお店で支払う際にキャッシュカードを出して、PIN番号(暗証番号)を入力するだけです。それだけで、銀行の口座から直接引き降ろしされます。


■ カナダの銀行口座の種類
カナダの銀行の口座は日本と似て普通口座(Savings Account)、当座口座(Chequing Account)、定期口座(Term account)の3つに分かれています。普通口座は日本と似ていますが、例えば月の引き出し回数が設定値を超えると引き出し手数料が発生したりと細かいサービスが異なります。
銀行口座の種類
Savings Account 普通口座
Chequing Account 当座口座
Term account 定期口座

当座預金は小切手が使えると言う利点はありますが、ワーキングホリデーや留学の方が使う機会はあまりないかもしれません。定期口座は日本同様に金利が高いと言うメリットはありますが、当然一定期間預金しておかないといけません。その為、ワーキングホリデーや留学でカナダに渡航する方は大抵の場合「普通口座」(Savings Account)を開設することになります。

なお、日本にはあまり馴染みのない当座口座(Chequing Account)ですが、カナダでは日本と異なり振込みという習慣がなく、家賃や公共料金の支払いの際にはチェック(小切手)で支払いを行います。このチェックを発行できるのが当座口座(Chequing Account)です。その為、カナダ滞在中に自身で家を借りたりする場合は、当座口座を開設しましょう。なお、小切手を利用する場合、発行した後に銀行口座にお金がないと「不渡り」となってしまい、支払いができません。小切手を利用する際には不渡りがでないよう、口座の残高をしっかりと確認しておきましょう。

■ カナダの銀行口座の開設
カナダではワーキングホリデーや留学生の方でも問題なく口座を開設できます。口座開設にはIDを2つ必要とするところが殆どで、ワーキングホリデーの方の場合は、SIN番号も必要となります。ちなみに、管理人が留学していた際にはSIN番号はなくとも開設できました。なお、カナダの銀行では一般的に預金通帳がありません。預金や引き出しの履歴は毎月自宅へ郵送されてきます。逆に言えば直確認することが出来ません。ちょっと不便です…。
銀行関連の英単語
Open an account 口座を開設
Close an account 口座を解約
Withdraw 引き出し
Deposit 預金
Cheque 小切手
Balance 残高

【当座預金口座を開設する場合】
カナダの銀行で開設する口座が当座口座(Chequing Account)の場合、開設後に小切手帳が発行されます。この小切手帳には「日付」、「チェックを受け取る人の名前」、「金額」、「自分のサイン」を記載して使います。この記載事項に1つでもミスがあれば受け取った人は換金することができないので、注意しましょう。

■ 引き出しについて
カナダのキャッシュカードは日本同様に銀行またはATMで引き出すことができます。PLUSまたはCirrusのロゴがあるATMならアメリカや日本でも引き出すことが出来ます。ただし、ATMでは1日に引き出す上限が設定されているので、ワーキングホリデーや留学の方で引越しや旅行時などに一気に引き出そうとする場合には注意が必要です。

なお、カナダの銀行で引き出しの際は右記のようになります。日本で言う暗証番号はPIN(Personal Identification Number)と呼びます。
■ 引き出し手順
1. カードの挿入
 日本同様にATMにはカードの挿入口があるので、
 そこにカードを挿入します。
2. 暗証番号(PIN)の入力
 口座開設時に決めたPIN番号を入力します。
3. 引き出しの指定
 メニューが表示された後、引き出し(Withdraw)を
 選択します。
4. 金額の入力
 引き出したい金額をカナダ$単位で入力します。
5. カード・金額の受け取り
 お金・カードの順に出てくるので受け取ります。

■ カナダの銀行での注意
当然と言えば当然ですが、カナダで銀行口座を開設するにはある程度の簡単な英会話が必要になります。もし、英語力などに不安がある方は友人などに付き添ってもらって開設すると良いでしょう。決して、意味が分からないのに「Yes」と答えないようにしましょう。

ちなみに、カナダのバンクーバーにあるTD Canada Trustでは、日本語総合センターを用意しています。バンクーバーに滞在する方でどうしても不安な方はこちらを利用すると良いでしょう。
■ TD Canada Trust
【住所】
TD Canada Trust Toer Branch 4th Floor 700 West Georgia St. Vancouver, B.C. V7Y 1A2, Canada
【電話番号】
604-654-0392
【営業時間】
月〜金 9:00〜17:00
【Web】
http://www.tdcanadatrust.com/japanese/

■ 手数料
日本の銀行口座と異なり、カナダで銀行口座を開設する際に注意しなければいけないのがこの「手数料」。日本では口座開設は無料で、維持費もかかりませんが、カナダの場合、口座維持手数料など色々な名前の手数料があります。(゚Д゚)ウヘー また、その発生条件も様々で例えば預金残高が設定額を下回ったら発生するなどがありますので、口座開設の際にはパンフレットなどを事前に確認するなどしておきましょう。